キティ先生にインタビュー / マタニティヨガを指導するポイントは?

Updated: Dec 5, 2021

(This article is in Japanese.)


サンアンドムーンヨガでキティ先生(トンプソン浩美先生)の指導によるマタニティヨガ指導者養成講座の開催を始めて、次回の2022年1月開催で8回目を迎えることになりました!


ヨガの生徒さんのあこがれの的なだけではなく、世界の有名ヨガインストラクターの通訳として、また英語でヨガ指導するインストラクター向けのコースを担当するなど、国内外のヨガインストラクターからも頼りにされているキティ先生。


「キティ先生みたいなインストラクターになりたい!」「マタニティヨガコースの受講を検討しているけれど、どんな先生なのかな?」と考えている方のために、キティ先生に3つの質問をしてみました。


インタビューの後には、キティ先生のマタニティヨガコースについて少しご紹介しています。コースご検討中の方は、最後までぜひお読みくださいね。


 


【講師の略歴】 ヒロミ・キティ・トンプソンは、17年以上にわたり国内外でヨガの練習・指導を⾏なっており、ここ10年はヨガ&瞑想専⾨通訳者とし ても、著名な講師の指導者養成講座、ワークショップ通訳としても活躍中である。 現在もヨガのアーサナと瞑想を⽇々実践し、ヨガ哲学、ボディワーク関連の書籍を愛読し知識を深め、実践と経験を積むよう⼼がけている。 セルフアウェアネス(⾃⼰の気づき)とセルフケア(⾃⼰のメンテナンス)をクラスで⼤切にしている。


1. キティ先生がマタニティヨガを指導する上で、一番大切にしていることは?


「妊婦さん一人一人がご自身と赤ちゃんに向き合い、気づきと慈しみが育まれることを願っています。  どのクラスでも生徒さんの、Self awareness(自己の気づき)と Self care(自己のメンテナンス)を大切に指導しています。」

2. キティ先生の好きなポーズは何ですか? なぜですか?


「座位でも立位でも胸をひらくアーサナ全般が心地よく感じます。最近はオンラインクラスが多いため、画面越しに生徒さんを観察したり、また、ヨガ&瞑想専門通訳としても何時間もPCに向き合うことが多いためでしょうね(^ ^)  私にとって極上の姿勢は瞑想をしている時です。下半身はグラウンディングを意識し、背骨は心地よく伸びた状態で余分な力が抜けている感じが好きで、その状態でおこなう日課の瞑想が気持ち良いですね♡」

3. マタニティヨガコースに参加を検討している方にメッセージをお願いします。


「マタニティヨガは妊婦さんへの理解と知識を習得するばかりでなく、ご自身の誕生から現在まで、生命の神秘の理解を深め、理論と実践で落とし込めるプログラム構成です。マタニティヨガに限らず、一般クラスの教え方も更にスキルアップされます。」


 

マタニティヨガの指導法に限らず、ヨガ指導に対する姿勢など、キティ先生から学びたいことはたくさん!


サンアンドムーンヨガ キティ先生と学ぶ20時間マタニティヨガ指導者養成コース」は年始に開催です。詳細はリンクをクリックしてご覧ください。


これに先立ち、オンライン説明会を開催します。
2021年12月10日 (金) 12pm-1pm、Zoom会議にて開催(要申し込み)
説明会のお申し込みは、こちら(キティ先生)へお願いします。

今年はスタジオ、オンラインの同時開催を予定しているため、東京から遠い方も、スタジオの仲間とともにコースにご参加いただけます。


コースでは、講義、ポーズ、呼吸法、小グループのディスカッション、指導デモンストレーションをして参加者からフィードバックを得るなど、受講者仲間と助け合いながら、指導に活かす学びを得ていきます。


とにかく実践に繋がる学びがたくさん!

画像入りのコースマニュアルで後から復習できるので、「生徒さんが妊娠した」「マタニティヨガの問い合わせをいただいた」というときにも、慌てずに対応できるよう備えられます。


ゲスト講師にカリスマ(!)助産婦の先生をお招きしてお話しいただくミニ講座もありますよ。


疑問に思っていることなど、コース中にどんどん質問して、吸収してください!


これまでにも、出産経験問わず、男性のヨガインストラクターもご参加いただきました! ほぼ毎回、妊婦さんも参加されています。


コースを修了された生徒さんのこの輝く笑顔をご覧ください!

お問い合わせ、お申し込みは、スタジオまでメールでどうぞ。お待ちしております!