top of page

『アーユルヴェーダで元気に』 1月〜 ドーシャの相性・コミュニケーション術


アーユルヴェーダは、ヴァータ、ピッタ、カパの3つのドーシャ(体質)があります。

それぞれの身体的や考え方の特徴があると言われています。


ヴァータ:機敏で早い行動で、想像力が豊かで、順応性がよく理解力が早い。


ピッタ:体が柔らかく、皮膚に輝きがある。情熱的で勇敢でチャレンジ精神が旺盛。


カパ:体力・持久力があり、体格がよい。献身的で辛抱強い。


例えば、ヴァータの人は、スピードを重視するでしょうし、ピッタの人はリーダーシップを発揮し、カパの人は、慎重にかつ淡々と作業を行うでしょう。


よって、グループやチームに、ヴァータとピッタとカパの特徴がある人がバランスよくいて、それぞれが特性を発揮すれば、うまくゆくことは容易に想像できます。


各人の強みを尊重し、お互いに協力しあえたとき、とても素敵な相乗効果が期待できるわけです。


それぞれの特徴を踏まえて、自分や周りの人の特徴を理解することで、具体的にどのようなコミュニケーションを取るとよいかをクラスの中でお話しします。

 

1月のテーマ『ドーシャの相性・コミュニケーション術』

日時:1月28日 (土) 16:30-18:00

*テーマは季節に合わせて変わります。毎月第4土曜の16:30に開催します。

ご予約は、クラスページからお願いします。


このクラスでは、毎回、ドーシャのチェック質問表で、ご自身の今のドーシャの状態を確認して頂きます。

体質のあった一日の過ごし方や、季節のセルフケアについてご紹介し、自身のエネルギーのバランスを取るヒントをお持ち帰りいただきます。


今回のテーマ『ドーシャの相性・コミュニケーション術』に関するご質問や、特に取り上げて欲しいトピックがありましたら、こちらまでお寄せください。今後取り上げて欲しいテーマも募集しております。


キヨミ

Comentarios


bottom of page